出展企業一覧|IRフォーラム 2019東京

IRフォーラム 2019東京 IRフォーラム 2019東京

出展企業一覧出展企業一覧

HOME > 出展企業一覧

会社名 会社概要 セミナー 展示

東証1部 3001

片倉工業株式会社

片倉工業株式会社

当社は、明治6年(1873年)に創業以来、シルクを通じて広く社会に親しまれ、近代産業の発展に大きな貢献を果たしてまいりました。また、2014年に世界遺産に登録された「富岡製糸場」の民間最後のオーナーとして66年間の長きにわたりともに歩んできました。
時代とともに多様化する社会のニーズに応えるため、「シルクのカタクラ」として積み重ねた有形無形の経営資源を有効活用することにより多角的な事業を展開し、現在では繊維事業、医薬品事業、機械関連事業、不動産事業の4つの柱を中心とした事業を積極的に推進しております。

JASDAQ 3150

株式会社グリムス

株式会社グリムス

グリムスは、「環境」「省エネ・創エネ・蓄エネ」を事業領域とし、電力の運用・設備・調達改善をご提案する総合エネルギーソリューションカンパニーです。
電力料金削減コンサルティングによる運用改善、LED照明・業務用エアコンなどの省エネ設備や住宅用太陽光発電システム・蓄電池等のエネルギー関連商品の販売による設備改善、 電力の取次や小売による調達改善など、一般家庭から事業者様、低圧電力から高圧電力まで、あらゆる領域でエネルギーに関するご提案、商品・サービスの提供を行います。
電力の小売全面自由化や余剰電力買取などの電力システム改革が進むなか、あたらしい電気を通じて時代のニーズにお応えしていきます。

東証マザーズ 4588

オンコリスバイオファーマ株式会社

オンコリスバイオファーマ株式会社

「風邪のウイルスを改変した抗がん剤のテロメライシン」は、日本や米国で食道がんを中心にヒトでの試験を進めています。2019年4月には「日本・台湾の独占的導出契約」、「日本・台湾・中国・香港・マカオを除く全世界の独占的オプション契約」を中外製薬(株)と締結しました。オプション行使後の契約総額は500億円以上あり、売上額に応じたロイヤルティを契約総額とは別に受領します。さらに、厚生労働省が、「先駆け審査指定制度」の対象品目に指定したため、承認申請前相談が可能になり優先的な取り扱いを受けることができます。
当社はテロメライシンを通じて「切らずにがんを治す」という医療ニーズを充足させたいと考えています。

東証1部 4902

コニカミノルタ株式会社

コニカミノルタ株式会社

東証1部 6967

新光電気工業株式会社

新光電気工業株式会社

新光電気工業は、次世代移動通信規格(5G)の実用化等を背景として、今後、一層の活用の進展が見込まれるIoT・AI 関連市場向けや、自動運転、電気自動車等の技術開発が加速する自動車向けなど、最先端の半導体パッケージングテクノロジーを通じ、世界中の人々のより豊かで快適な生活に貢献することを目指しています。
半導体実装をトータルにサポートする世界でも類を見ない半導体パッケージの総合メーカーとして、世界中の半導体メーカーやエレクトロニクスメーカーのお客様のニーズを的確に把握し、多様な要素技術と卓越したものづくりを基盤に、今後もお客様にとって価値の高い製品・サービスを提供してまいります。

東証1部 7476

アズワン株式会社

アズワン株式会社

理化学用品340万点超の品揃えで、日本の「科学」と「医療」を支えます。

研究・医療機関で使われる専門的な器材を、カタログおよびwebで販売している商社です。
①カタログ紙面上7万点・web上340万点にものぼる幅広い品揃え、②検索性・情報量に特化した新検索システム、③即日出荷を可能とする物流力を強みに、営業利益率10%以上を継続。
加えて配当性向50%の高収益高還元方針を掲げており、中期経営計画の柱の一つ、eコマース事業が牽引し業績拡大中です。
「科学」・「医療」の分野から、社会に貢献する企業を目指します。

東証1部 7856

萩原工業株式会社

萩原工業株式会社

合成樹脂繊維「フラットヤーン」を用いて、ブルーシート・土のう・人工芝原糸・コンクリート補強繊維などの製造・販売を行う国内トップメーカー。フラットヤーン技術を応用し、スリッター・ワインダーなどの産業機械製品の製造・販売も行っています。現在、海外12か国にも製造・販売拠点を持ち、グローバルに展開しています。昨年から新たに「ハミダセ、アミダセ。」をコーポレートスローガンに掲げ、常識にとらわれず挑戦し続けることを通じて、新たな価値を創造し、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

東証1部/名証1部
7931

未来工業株式会社

未来工業株式会社

未来工業は、「常に考える」を社業の企業理念とし、ユーザーの使い易い製品を提供するために「絶え間ない新製品の開発」、「ユーザーに対する迅速な対応」、「社員の自主性及び創造性の重視」、「地域社会への貢献」など、創業以来時代を先取りした経営を行い、各事業の拡大を目指しております。また、当社グループ各社の基盤強化を図るため、当社を中心に、経営の効率化及び各グループ企業の独自性を生かした経営による継続的な成長と収益の拡大を図り、企業価値の最大化を目的としております。

東証1部 9305

株式会社ヤマタネ

株式会社ヤマタネ

ヤマタネが提供するサービスは、お客様のニーズを的確に捉え、質の高いサービスとして提案すること、つまり新しいニーズに対する顧客満足の創造にあります。
ヤマタネが誇る質の高いサービスは、倉庫を中心としたロジスティクス・サービスの「物流事業」、創業以来90余年の歴史を持つコメ卸売の「食品事業」、高度な情報化社会に対応する「情報事業」、快適なビジネス空間を提供する「不動産事業」の中に活かされています。

IRフォーラム運営事務局((株)マジカルポケット)へのお問い合わせ

電   話03-6758-2394 ※受付時間(朝9時~18時、土日祝除く)
ファックス03-5226-5434
メ ー ルinfo@irforum.jp        ウェブサイト http://www.mpocket.jp/

個人情報の取扱いについて

ページトップへ

IRフォーラム 2018 東京