セミナー企業一覧|IRフォーラム 2017東京

会場地図
講演者一覧
出展企業一覧
セミナー企業一覧
IRフォーラム 2017東京 ~キラリと光るいい会社を見つけるための個人投資家向けイベント~ IRフォーラム 2017東京 ~キラリと光るいい会社を見つけるための個人投資家向けイベント~

セミナー企業一覧セミナー企業一覧

HOME > セミナー企業一覧
コングレスクエア日本橋 案内図

220/120/100名/30名収容のセミナー会場、約3区画のブース、ライブラリ―コーナー、 優待展示コーナー等を予定しております。

会場図

*会場レイアウトは変更の可能性がございます

セミナーA会場

時間 会社名 説明者 内容
10:20~11:05
(45分)

【基調講演】

木村佳子

木村佳子

木村 佳子

市場環境が変化しても資産を増やし、

守れる投資~企業IR情報のポイント

個人投資家のためのラジオ番組で経済情報の担当キャスターを務め、イー・ウーマン・オブ・ザ・イヤー議長部門賞を6回受賞。NPO法人 日本IRプランナーズ協会において「個人投資家のための企業IR研究会」座長を務め、2008年より同協会理事。2011年一般社団法人くらしとしごと生活者フォーラム代表理事、2013年4月、東証アカデミー、フェローに就任後、2015年 JPX女性講座・グランド・マスターとして女性が投資で輝く基礎講座の講師として活動。個人投資家のための生活経済、金融リテラシー、ストラテジーをテーマに民間企業や金融機関、新聞社、自治体、各種商工団体等の主催する講演会、セミナー、研修等での基調講演に登壇。公的面では各省庁の審議会委員、専門委員(5期10年)、自治体の住宅整備に関する委員などを務めた。経営情報学修士MBA取得後、早稲田大学大学院ファイナンス研究科に学ぶ。

11:30~12:15
(45分)
株式会社イマジカ・ロボットホールディングス

株式会社イマジカ・ロボット
ホールディングス
(東証1部 6879)

株式会社イマジカ・ロボットホールディングス

代表取締役社長

社長執行役員
塚田 眞人

イマジカ・ロボット ホールディングス 個人投資家向け会社説明会

映画館やお茶の間のテレビで観ていた映像コンテンツは、今や、手の中のスマートフォンや、大きな野外ライブ会場等でも楽しめるようになりました。映像を活用する場もエンタテインメントだけでなく医療や産業にもさまざまに広がっています。加速度的に進化するテクノロジーと、それを十分に活用して表現力を益々豊かにするクリエイティビティにより、映像の可能性はとどまることを知りません。 私たちイマジカ・ロボットグループが映像の世界にどのように貢献しているか、皆様の身近な映像コンテンツから、ハイスペックな映像システムまで、幅広い事業をご紹介してまいります。

12:50~13:35
(45分)
株式会社NTTドコモ

株式会社NTTドコモ
(東証1部 9437)

株式会社NTTドコモ

IR部長
吉澤 啓介

NTTドコモの事業展開について

今年で営業開始25周年を迎える当社は、事業開始当初より「新しいコミュニケーション文化の世界の創造」を企業理念とし、通信事業の進化と様々な付加価値サービスの拡大に取り組んできました。 今年4月に発表した中期戦略において、2020年のさらにその先を見据え、お客さまの期待を超える驚きと感動を提供し、ビジネスパートナーの皆さまと新しい価値の協創を実現していくことを宣言しました。これからも私たちは「お客さまサービスの向上」と「企業の持続的発展」の両立をめざしてまいります。

13:55~14:40
(45分)
オリックス株式会社

オリックス株式会社
(東証1部 8591)

・・・・株式会社

執行役

財経本部副本部長
矢野 人磨呂

オリックスグループの強みと今後の成長戦略

当社の2017年3月期決算は、当期純利益が2,732億円と、前期に続き過去最高益を更新し、8期連続の増益を達成しました。2018年3月期は中期目標である当期純利益3,000億円の達成を目指しています。 本セミナーでは、多岐にわたる当社の事業や具体的な成長戦略を分かりやすくご説明するとともに、配当金などの株主還元や個人株主の皆様にご好評をいただいております「ふるさと優待」など、オリックス株式の魅力についてもご紹介させていただきます。

15:00~15:45
(45分)
鴻池運輸株式会社

鴻池運輸株式会社
(東証1部 9025)

鴻池運輸株式会社

執行役員

経営戦略推進室長
藤原 治

物流の枠を越えて挑戦しつづけるKONOIKEグループ

当社は1880年大阪の地にて創業し、今年で137年目を迎える総合物流企業です。「鴻池運輸」という社名やセクターから運輸事業に特化した会社と想像されることが多いですが、実は多くのお客さまのバリューチェーンに関わり、独自のソリューションを提供しています。鉄鋼、食品、メディカル、空港、生活など国内外に幅広く事業を展開し、お客さまの生産性向上に貢献してまいります。 長年にわたり培ってきた豊富な実績とノウハウ、そして安全・品質に根差した事業運営で、あらゆるお客さまのニーズにお応えいたします。

16:10~16:55
(45分)

 

【基調講演】

桐谷 広人

桐谷広人

桐谷 広人

桐谷さんの選ぶいい会社
投資家・元将棋棋士(2007年引退) 現役時代から財テク棋士として知られ、2006年時点では株式を約400銘柄、時価3億円分を保有し、そのうち1億円が優待銘柄という。 そのため、毎日の生活はほとんど現金を使わず、優待券で生活できるほど。 優待・配当銘柄を売らずに持つ投資戦略で、富裕層の仲間入りをするに至った。 株主優待について解説するためNHKの「家計診断 おすすめ悠々ライフ」にもテレビ出演した。財テクに関する雑誌「ダイヤモンドZAi」や「日経マネー」にも登場する等、ユニークな棋士であった。

※都合により、一部予告なくプログラムや説明者が変更になる場合がございます。

セミナーB会場

時間 会社名 説明者 内容
10:20~11:05
(45分)

【基調講演】

新井 和宏

新井和宏

取締役
新井 和宏

いい会社に投資しよう!

1968年生まれ。東京理科大学工学部卒。1992年、住友信託銀行(現・三井住友信託銀行)に入社。2000年には、バークレイズ・グローバル・インベスターズ(現・ブラックロック・ジャパン)に入社。企業年金・公的年金などを中心に、株式、為替、資産配分等、多岐にわたる運用業務に従事し、ファンドマネージャーとして数兆円を動かした実績がある。だが2007~2008年、大病を患ったこと、そしてリーマン・ショックをきっかけに、それまで10年近く信奉してきた金融工学、数式に則った投資、金融市場のあり方に疑問を持つようになる。 2008年11月、志を同じくする仲間4人と、鎌倉投信株式会社を創業。2010年3月より運用を開始した投資信託「結い 2101」の運用責任者として活躍している。経済的な指標だけではなく社会性も重視する、投資先企業をすべて公開するなど、従来の常識をくつがえす投資哲学のもとで運用されている商品でありながら、個人投資家(受益者)8,900人以上、純資産総額130億円超(どちらも2015年2月時点)となっている。また、投資ブロガーが選ぶ「Fund of the Year」でも上位の常連となり、2013年には格付投資情報センター(R&I)でも最優秀ファンド賞(投資信託 国内株式部門)を獲得するなど、人気、実績を兼ね備える投資信託へと成長している。 他に、横浜国立大学経営学部非常勤講師、特定非営利活動法人「いい会社をふやしましょう」理事、経済産業省「おもてなし経営企業選」選考委員(平成24、25年度)も務めている。

11:50~12:35
(40分)
ニッタ株式会社

ニッタ株式会社
(東証1部 5186)

ニッタ株式会社

代表取締役社長
新田 元庸

Invention & Innovation

企業の紹介と直近の業績を中心に話をさせて頂きます。 ニッタ株式会社は製品数、需要業界が多岐に渡っているため把握しにくいと思います。現在に至るまでの経緯を説明する中で、各製品の関連性や企業の特徴を知って頂き、全体像を掴んで頂ければと思います。 皆様が気になる株価データと株主還元についても資料をご用意しております。企業としての貢献についてもご理解頂き、投資対象か検討頂ければ幸いです。

13:00~13:45
(40分)
株式会社MCJ

株式会社MCJ
(東証2部 6670)

株式会社MCJ

取締役社長兼COO
安井 元康

MCJグループの今後の成長戦略および現在の進捗状況について

MCJグループはPCを中心とした各種IT機器の製造販売事業を展開しており、国内における開発・仕入・製造・販売・アフターサービスといった一気通貫したバリューチェーンを有しております。 本セミナーでは、当社グループの業績状況や本年度より開始した『2017-2019年度 中期経営計画』を中心とした今後の成長に向けた考え方および現在における進捗状況について紹介します。

14:05~14:50
(45分)

【基調講演】

西堀 敬

西堀敬

西堀 敬

2017年末に向けた相場展望とIPO株で儲ける四つの投資手法

株式会社日本ビジネスイノベーション 代表取締役社長 日本テクニカルアナリスト協会検定会員。  1960年滋賀県生まれ。大阪市立大学商学部卒。証券会社の国際部、海外現地法人、 気象情報会社ウェザーニューズ財務部長、米国系Eコマース会社の日本法人 CFO&COO、 IRコンサルティング会社取締役を経て2011年より現職。上場会社の社外取締役も複数 兼務するほか、2002年~2015年東京IPO編集長。TV出演や 経済誌への執筆、 セミナーや講演会などIPOの第一人者として市場の啓蒙・発展に尽力。 著書に『東京IPO編集長が教える!IPO株の本当の儲け方』(ソフトバンク クリエイティブ出版) 『最新版IPO投資の基本と儲け方ズバリ! 新規公開株で大きく稼ぐ!』(すばる舎出版)

15:05~15:50
(45分)
株式会社SANKYO

株式会社SANKYO
(東証1部 6417)

株式会社SANKYO

経営企画部長兼

IR室長
小室 昌彦

日本を代表する娯楽であるパチンコ業界に特化した
SANKYOの事業について

当社は、パチンコ・パチスロの開発・製造・販売を手掛ける遊技機メーカーです。1966年の設立以来50年に亘りパチンコ産業と共に発展し、1980年の「超特電フィーバー」の発売を機に常に市場をリードしてまいりました。現在ではSANKYO(サンキョウ)、Bisty(ビスティ)、JB(ジェイビー)の3つのブランドを展開しており、パチンコの代表作として「ヱヴァンゲリヲンシリーズ」、「機動戦士ガンダムシリーズ」などを提供しております。また、近年はパチスロ市場においても一定の販売シェアを維持し、パチスロメーカーとしても揺るぎない地位を確立しております。 本セミナーでは、余暇市場の約3割を占める国内最大のレジャーであるパチンコ業界の解説とともに、当社の取り組みや配当方針、株主優待制度等についてご説明いたします。

※都合により、一部予告なくプログラムや説明者が変更になる場合がございます。

セミナーC会場

時間 会社名 説明者 内容
10:30~11:15
(45分)
GMOクリックホールディングス株式会社

GMOクリックホールディングス

株式会社
(東証JQ 7177)

GMOクリックホールディングス株式会社

常務執行役
グループCFO
山本 樹

ITの力で金融サービスをもっと便利に

当社グループは、ITの力を最大限活用し、もっと安くてもっと使いやすい金融サービスを生み出すことで、少しでもより良い社会を作っていきたいと、日々、挑戦を続けています。 本セミナーでは、当社グループの目指す姿、強み、ビジネスモデル、成長戦略や株主還元について、ご説明します。

11:50~12:35
(45分)
アイ・ケイ・ケイ株式会社

アイ・ケイ・ケイ株式会社
(東証1部 2198)

アイ・ケイ・ケイ株式会社

経営管理部

IR担当
武曽 裕之

「日本を代表する感動創造カンパニーへ」

経営理念「お客さまの感動のために」に基づき、「ララシャンス」ブランドのゲストハウスウェディング施設を全国14都市に16店舗展開しております。当社は、競合環境が比較的緩やかでランニングコストを抑えられる地方都市を中心に展開し、地方都市ならではの広大な庭園と邸宅風の施設、オリジナル感を重視したサービスを提供しております。お客さまの感動を通して社会に貢献し、日本を代表する感動創造カンパニーを目指します。

13:10~13:55
(45分)
株式会社高見沢サイバネティックス

株式会社高見沢サイバネティックス
(東証JQ 6424)

株式会社高見沢サイバネティックス

代表取締役社長
髙見澤 和夫

世の中に必要不可欠な会社を目指して

「世の中に必要不可欠な会社を創造する」。創立以来受け継がれている企業理念のもと、当社は交通システム機器を中心に社会インフラの分野で事業を展開してまいりました。皆様が日常生活のなかで無意識に使っている機械にも、実は当社の製品がたくさんあります。セミナーでは、これらの製品のご紹介と2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた各事業における取組みについてご説明させていただきます。

14:10~14:55
(45分)
株式会社オウケイウェイブ

株式会社オウケイウェイヴ
(セントレックス 3808)

株式会社オウケイウェイヴ

代表取締役社長
兼元 謙任

AI、ブロックチェーン、チャットを用いた

当社の「互い助け合い」事業の成長戦略

AI、ブロックチェーン関連銘柄でもあるオウケイウェイヴは、「互い助け合いの場の創造を通して、物心両面の幸福を実現し、世界の発展に寄与する」ことを企業理念に、日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営しています。また、この運営ノウハウを基にした国内市場シェアNo.1のFAQシステム「OKBIZ.」をメガバンク5行をはじめとする企業・官公庁400社以上に提供しています。さらに、訪日客への多言語サポートを必要とする企業・行政等向けに当社グループ企業を通じて多言語コンタクトセンターを提供しています。今後、上記の当社グループの強みと先端技術であるAI、ブロックチェーン、チャットを組み合わせた新たなサービスを国内外の個人、法人に提供してまいります。 今回のセミナーでは、創業者で代表取締役社長である兼元謙任から当社の経営方針、強み、今後の成長戦略についてご説明させていただきます。

15:10~15:55
(45分)
アズワン株式会社

アズワン株式会社
(東証1部 7476)

アズワン株式会社

広報IR部長
臼井 孝之

アズワン株式会社 高収益なビジネスモデル

研究・医療機関で使われる専門的な器材を、カタログおよびwebで販売している商社です。 ①カタログ紙面上7万点・web上150万点にものぼる幅広い品揃え、②検索性・情報量に特化した新検索システム、③即日出荷を可能とする物流力を強みに、営業利益率10%以上を継続。加えて総還元性向70%(3年平均)の高収益高還元方針を遂行中です。 「科学」・「医療」の分野から、社会に貢献する企業を目指します。

※都合により、一部予告なくプログラムや説明者が変更になる場合がございます。

セミナーD会場

-
時間 会社名 説明者 内容
10:30~11:15
(45分)
株式会社フェローテックホールディングス

株式会社フェローテック
ホールディングス
(JASDAQ 6890)

株式会社フェローテックホールディングス

取締役経営企画担当
若木 啓男

部品メーカから見た今後のエレクトロニクス産業の見通しと

当社グループの事業戦略。

昨今の半導体産業は活況でスマートフォンに代表される携帯端末に加え、新たな技術革新によりIOT、AI、自動運転、クラウドサーバーなどにICやメモリ、センサーやCCDが大量に使われるようになりました。特に大型データセンターのサーバー記憶装置がHDD(ハードディスク・ドライブ)からSSD(ソリッドステート・ドライブ)へ置き換わり、SSDを構成する3D-NANDメモリと呼ばれるメモリが品不足に至っています。このためデバイスメーカー各社は製造装置の投資を増やし、稼働率も高い状況が続いています。この状況に対処するエレクトロニクス産業と当社グループの戦略をお話しいたします。

11:30~12:15
(45分)
平和不動産リート投資法人

平和不動産リート投資法人
(REIT 8966)

平和不動産リート投資法人

平和不動産アセット  マネジメント株式会社 代表取締役社長
市川 隆也

平和不動産リート投資法人による、

分配金 年率14%成長の軌跡と事業戦略

平和不動産リート投資法人は、2009年10月(第16期)のスポンサーチェンジで平和不動産株式会社が単独スポンサーとなった後、ステージ1の「成長基盤の再構築」、ステージ2の「再成長軌道への回帰」の取組みを経て、現在はステージ3の「安定成長軌道」と、着実に成長のステージをアップさせてきました。数値面でも直近の2017年5月期(第31期)までに、資産規模は46物件、921億円から100物件、1,666億円と1.8倍に、また1口当たり分配金(配当)は734円から1,980円(見込み)と2.7倍(年率14.1%)に、着実に拡大・成長を遂げてきました。 本セミナーでは、本投資法人の特長と事業戦略を中心に、2017年5月末で終了した第31期決算・運用の状況及び今後の運用方針についてご説明いたします。

13:10~13:55
(45分)
オンコリスバイオファーマ株式会社

オンコリス

バイオファーマ株式会社

(東証マ 4588)

オンコリスバイオファーマ株式会社

経営企画部長
秦 耕平

風邪のウイルスががんを殺す

~新薬開発を通じたオンコリスの使命~

オンコリスバイオファーマ株式会社は、「ウイルス学に立脚した創薬」を事業コンセプトとする東証マザーズ上場のバイオベンチャーです。今回のセミナーでは、医薬品事業の主力パイプラインである、がんのウイルス免疫療法「テロメライシン®」を主軸に当社の事業概要をご説明いたします。

14:15~15:00
(45分)
株式会社フェローテックホールディングス

株式会社フェローテック
ホールディングス
(JASDAQ 6890)

株式会社フェローテックホールディングス

取締役経営企画担当
若木 啓男

部品メーカから見た今後のエレクトロニクス産業の見通しと

当社グループの事業戦略。

昨今の半導体産業は活況でスマートフォンに代表される携帯端末に加え、新たな技術革新によりIOT、AI、自動運転、クラウドサーバーなどにICやメモリ、センサーやCCDが大量に使われるようになりました。特に大型データセンターのサーバー記憶装置がHDD(ハードディスク・ドライブ)からSSD(ソリッドステート・ドライブ)へ置き換わり、SSDを構成する3D-NANDメモリと呼ばれるメモリが品不足に至っています。このためデバイスメーカー各社は製造装置の投資を増やし、稼働率も高い状況が続いています。この状況に対処するエレクトロニクス産業と当社グループの戦略をお話しいたします。

※都合により、一部予告なくプログラムや説明者が変更になる場合がございます。

IRフォーラム運営事務局((株)マジカルポケット)へのお問い合わせ

電   話03-5704-3204 ※受付時間(朝9時~18時、土日除く)
ファックス03-5226-5434
メ ー ルinfo@irforum.jp        ウェブサイト http://www.mpocket.jp/

個人情報の取扱いについて

ページトップへ

IRフォーラム 2017 東京