セミナー企業一覧|IRフォーラム 2018大阪

IRフォーラム 2018大阪 IRフォーラム 2018大阪

セミナー企業一覧セミナー企業一覧

HOME > セミナー企業一覧
ハービスHALL 案内図

220/120/100名収容のセミナー会場、約10区画のブース、ライブラリーコーナー、 優待展示コーナー等を予定しております。

*画像をクリックいただくと拡大されます。

*会場レイアウトは変更の可能性がございます

セミナーA会場

時間 会社名 説明者 内容
14:00~14:45
(45分)
株式会社夢真ホールディングス

株式会社夢真
ホールディングス
(JASDAQ 2362)

志村 秀夫

戦略推進本部
兼 IR室 主任
志村 秀夫

若い力で建設業界の未来を創る

「建設工事は増加していくのに技術者数は減少していく」
今、建設業界は2020年東京五輪やリニア中央新幹線開通工事などの大型工事が目白押しです。しかし、人材不足により工事の遅れや建設コストの上昇といった問題が発生しております。このような環境の中、当社は、上場企業で唯一「建設」に特化した人材派遣会社であり「技術者数4,500人以上」さらに「7割が20代」で、まさに今建設業界が求める人材を採用・育成し派遣しています。 当日は、今後の成長戦略や株主の皆様への配当政策などを詳しくお話させていただく予定です。 皆様のお越しを心よりお待ちしております!

15:45~16:30
(45分)
積水化学工業株式会社

積水化学工業株式会社
(東証1部 4204)

岡野 剛

経営戦略部
IRグループ長
岡野 剛

世界にまた新しい世界を。

積水化学グループは、ステークホルダーの期待に応え、事業を通じて社会へ貢献することを社是「3S精神(Service, Speed, Superiority)」の中で掲げています。 そして、グループビジョンでは取り組むべき事業領域を「住・社会のインフラ創造 」と「ケミカルソリューション 」に定め、世界の人々の暮らしと地球環境の向上に取り組んでいます。
社是とグループビジョンの「目指す姿・想い」を込めた、このスローガンのもと、積水化学グループらしさ(Service, Speed, Superiority)で、新しい世界を創造し、 100年経っても存在感のある企業グループであり続けることを目指します。

16:50~17:35
(45分)
NTTドコモ

NTTドコモ
(東証1部 9437)

寺西 俊広

IR担当部長
寺西 俊広

NTTドコモの事業展開について

NTTドコモは、契約数・シェアともに国内ナンバー1の携帯電話事業者です。
2017年4月に中期戦略2020 「beyond宣言」を策定し、お客さまには驚きと感動の提供を、ビジネスパートナーとは新しい価値の協創の提供をめざしていきます。
「beyond宣言」における経営目標として、キャッシュ創出力を強化し、営業FCF(EBITDA-設備投資)の増加と株主還元の強化に取り組んでいきます。
本セミナーでは「beyond宣言」の具体的な取組みに加えて、ドコモの事業概要と直近の取組み、株主還元などについてご説明いたします。

18:00~18:45
(45分)
GMOフィナンシャルホールディングス

GMOフィナンシャル
ホールディングス
(JASDAQ 7177)

山本 樹

常務執行役
グループCFO
山本 樹

ITの力で金融サービスをもっと便利に

当社グループは、ITの力を最大限活用し、もっと安くてもっと使いやすい金融サービスを生み出すことで、少しでもより良い社会を作っていきたいと、日々、挑戦を続けています。 本セミナーでは、当社グループの目指す姿、強み、ビジネスモデル、成長戦略や株主還元について、ご説明します。

19:10~19:55
(45分)

【基調講演】
桐谷 広人

桐谷 広人

投資家
将棋棋士
桐谷 広人

桐谷さんおすすめ優待銘柄2018(仮)

投資家・将棋棋士
現役時代から財テク棋士として知られ、2006年時点では株式を約400銘柄、時価3億円分を保有し、そのうち1億円が優待銘柄という。
そのため、毎日の生活はほとんど現金を使わず、優待券で生活できるほど。
優待・配当銘柄を売らずに持つ投資戦略で、富裕層の仲間入りをするに至った。
株主優待について解説するためNHKの「家計診断 おすすめ悠々ライフ」にもテレビ出演した。財テクに関する雑誌「ダイヤモンドZAi」や「日経マネー」にも登場する等、ユニークな棋士であった。

お申し込みはこちらから

※都合により、一部予告なくプログラムや説明者が変更になる場合がございます。

セミナーB会場

時間 会社名 説明者 内容
14:30~15:15
(45分)
メディシノバ・インク

メディシノバ・インク
(JASDAQ 4875)

岡島 正恒

東京事務所代表 副社長
岡島 正恒

日本の創薬技術を世界へ~事業進捗及び今後の戦略~

日米両株式市場に上場する唯一の創薬ベンチャー企業。進行型多発性硬化症、ALS(筋萎縮性側索硬化症)、薬物依存(覚せい剤、麻薬など)をはじめとする多様な神経系疾患を適応とするMN-166および非アルコール性脂肪性肝炎、肺線維症など線維症疾患を適応とするMN-001の新薬開発を米国で行っている。これらの治療薬開発に関し、米国食品医薬品局(FDA)より、ファストトラック(優先承認審査制度)指定承認を5本、オーファンドラッグ(希少疾患治療薬)指定承認を3本取得している。

15:50~16:35
(45分)
Abalanceグループ

Abalance
(東証マザーズ 3856)

吉永 正紀

代表取締役社長
吉永 正紀

第二四半期決算の概要と今後の展開について

本年は、当社グループにおいて、2015年10月に発表いたしました中期経営計画「RISE2018」における3ヶ年計画の最終年度です。直近で発表したばかりの第二四半期決算の内容について詳しくお伝えしながら、この3年の振り返り、および次の3ヶ年に向けての取り組みについて、ご説明させていただきます。

16:50~17:35
(45分)
亀田製菓株式会社

亀田製菓株式会社
(東証1部 2220)

田中 通泰

代表取締役 会長 CEO
田中 通泰

世界への挑戦、新潟発の「グローバル・フード・カンパニー」を目指して

1957年、新潟の地で亀田製菓株式会社を設立、以来、61年に亘りお客様に愛される米菓を作り続けてまいりました。1989年には初めて海外に進出、現在は北米・アジアに7拠点を有し、多くの人々に健康や幸せをお届けすべく、海外ネットワークを活用して日本を代表するお菓子・米菓を新潟から世界に展開しております。そして今後は「グローバル・フード・カンパニー」実現に向けて菓子会社から食品会社へと事業拡大を目指してまいります。新潟の企業が米菓を中心に世界へ挑戦してきた経緯や背景、そして日本・世界で挑戦し続ける亀田製菓の今後のビジョンをご紹介します。

18:00~18:45
(45分)
株式会社三栄建築設計

株式会社三栄建築設計
(東証1部 3228)

シード平和株式会社
(JASDAQ 1739)

三栄建築設計
管理本部経営企画部
部長
榎本 喜明

シード平和株式会社
取締役
管理技術本部長
谷口 茂雄

成長著しい,メルディアグループ
売上高1,171億円、経常利益100億円を目指す!

首都圏・名古屋エリアの都心部で戸建分譲住宅を中心にあらゆる住宅を提供する東証1部上場企業、三栄建築設計。平成25年に東証ジャスダック上場企業である関西のシード平和を加え、早々に黒字化。三栄建築設計グループとしての信用力、資金力、戸建分譲ノウハウにより、大きな成長ステージへ。100年の技術と伝統を持つシード平和と共に、MELDIAグループとして、売上高1,171億円、経常利益100億円企業を目指す。

お申し込みはこちらから

※都合により、一部予告なくプログラムや説明者が変更になる場合がございます。

セミナーC会場

時間 会社名 説明者 内容
14:50~15:35
(45分)
株式会社エヌ・ピー・シー

株式会社エヌ・ピー・シー
(東証マザーズ 6255)

伊藤 雅文

代表取締役社長
伊藤 雅文

太陽光発電をトータルで支えるエヌ・ピー・シーの戦略と環境への取り組み

再生可能エネルギーの代表格である太陽光発電は、世界規模で市場拡大を続けながら、様々な技術革新が日進月歩で進んでいます。国内では、固定価格買取制度の改正により、発電所の保守・点検が義務付けられた一方、寿命を迎える太陽光パネルが将来大量に廃棄されると予測され、政府がリサイクルの仕組みづくりに取り組む方針も示されました。こうした中、太陽光パネルに関するあらゆる事業を展開するエヌ・ピー・シーが、国内外の太陽光発電の健全な成長に、どのように貢献していくのかをご説明します。
また、今期は、これまで蓄積した技術や知見を活用し、将来的に大きな発展が期待される各種自動化装置の提供を強化し、多様な業界へ進出することで、変化に強い企業を目指しています。セミナーでは、こうした当社の取り組みを、わかりやすくご紹介します。

16:00~16:45
(45分)
株式会社オウケイウェイヴ

株式会社オウケイウェイヴ
(セントレックス 3808)

兼元 謙任

代表取締役社長
兼元 謙任

AI、ブロックチェーン、チャットを用いた当社の
「互い助け合い」事業の成長戦略

AI、ブロックチェーン関連銘柄でもあるオウケイウェイヴは、「互い助け合いの場の創造を通して、物心両面の幸福を実現し、世界の発展に寄与する」ことを企業理念に、日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営しています。また、この運営ノウハウを基にした国内市場シェアNo.1のFAQシステム「OKBIZ.」をメガバンク5行をはじめとする企業・官公庁400社以上に提供しています。さらに、訪日客への多言語サポートを必要とする企業・行政等向けに当社グループ企業を通じて多言語コンタクトセンターを提供しています。今後、上記の当社グループの強みと先端技術であるAI、ブロックチェーン、チャットを組み合わせた新たなサービスを国内外の個人、法人に提供してまいります。
今回のセミナーでは、創業者で代表取締役社長である兼元謙任から当社の経営方針、強み、今後の成長戦略についてご説明させていただきます。

18:00~18:45
(45分)
BEENOS株式会社

BEENOS株式会社
(東証1部 3328)

中村 浩二

代表取締役副社長 兼
グループCFO
中村 浩二

BEENOS株式会社 個人投資家向け会社説明会

BEENOSは、Eコマース事業とインキュベーション(国内外への投資)事業を主要セグメントとし、グループ15社、世界8ヶ国に拠点をもつグローバルインターネット企業です。
世界の流通市場を拡げるため、ITを駆使し日本と世界を繋ぐ「グローバルプラットフォーマー」を目指しております。
特に、日本と海外を双方向からつなげるクロスボーダーEコマース事業を強みとしており、日本発の商品を海外に、海外の商品を日本に届ける越境ECによって流通拡大を実現しています。
また、インキュベーション事業では、11カ国・80社の企業に投資をしており、グローバルネットワークを拡げ、世界の最新情報や潮流を把握しております。
今回の会社説明会では、当社グループの特徴及びグループ全体の成長戦略等についてご説明させていただきます。

お申し込みはこちらから

※都合により、一部予告なくプログラムや説明者が変更になる場合がございます。

ミニセミナー *こちらはお申し込みは不要となります。

時間 会社名 説明者 内容
15:50~16:20
(30分)
株式会社ミスミグループ本社

株式会社ミスミグループ本社
(東証1部 9962)

岡本 保

コーポレート
サービス
プラットフォーム
執行役員
岡本 保

ミスミ事業モデル(QCTモデル)の強みと
グローバル展開について

ミスミは02年から急成長を遂げています。売り上げは02年約500億円から、今年度の計画は3000億を突破する規模まで成長しました。社員数は02年に340人、現在では1万人を突破しています。
この急成長を実現したのはミスミの事業モデルの強さ、他社ブランドも扱うVONA事業のスタート、更にはグローバル展開の加速にあります。
本日のセミナーでは、ミスミが急成長を実現した背景について、事業内容やビジネスモデル、グローバルに営業・物流・製造拠点を拡大してきた経緯を中心にご説明いたします。
ミスミの最大の強みは、製造業のお客さまに向けて「確実短納期」で商品をお届けする仕組みです。製造業のお客さまならではのご要望にお応えする商品やサービスの優位性を本日のセミナーでご理解いただければ幸いです。

17:15~17:45
(30分)
アズワン株式会社

アズワン株式会社
(東証1部 7476)

臼井 孝之

経営企画部長
臼井 孝之

アズワン株式会社 高収益なビジネスモデル

研究・医療機関で使われる専門的な器材を、カタログおよびwebで販売している商社です。
①カタログ紙面上7万点・web上180万点にものぼる幅広い品揃え、②検索性・情報量に特化した新検索システム、③即日出荷を可能とする物流力を強みに、営業利益率10%以上を継続。
加えて配当性向50%の高収益高還元方針を掲げており、中期経営計画の柱の一つ、eコマース事業が牽引し業績拡大中です。
「科学」・「医療」の分野から、社会に貢献する企業を目指します。

※都合により、一部予告なくプログラムや説明者が変更になる場合がございます。

電   話06-6312-7011 ※受付時間(朝9時~18時、土日除く)
ファックス03-5226-5434
メ ー ルinfo@irforum.jp        ウェブサイト http://www.mpocket.jp/

個人情報の取扱いについてIRフォーラム会員規約について

ページトップへ

IRフォーラム 2018 大阪